比較サイト
リアルタイムNYダウ先物チャート NYダウ日足チャート 日経平均先物チャート 日経225日足チャート 為替 WTI原油先物 世界株価
 NYダウGlobex先物
 リアルタイムNYダウ日足
 NYダウのMACDチャート
 米国個別株チャート
 NYダウの構成銘柄
 日経平均先物チャート
 日経平均の日足
 日経225平均の週足
 為替チャート
 為替のポジション分布
 WTI原油価格先物
 金先物と銀先物
 世界の株価指数
 日本株ADRの銘柄一覧
 個別銘柄の株価チャート
 業種別の株価動向
 経済指標の発表予定
 株式ニュース速報
 株式用語集
 株式相場の格言集
 投資家の名言集
 NYダウCMEの質問
 CME日経株価の質問




































日本株





  • ウェブ全体を検索
  • サイト内を検索




トヨタやソニーなどの人気のある企業の株価情報もあります。 個別銘柄に投資するには業績をチェックしたうえで、CME先物など指数の推移をみる必要があります。

大多数が上昇すると予想しているときは天井が近いと判断し、多くの投資家が下がると予想しているならば、目先上がる可能性が高いと考えます。



    



NYダウ平均株価の日足 6ヵ月レンジ



日経平均(Nikkei225)の日足 6ヵ月レンジ



 VIX指数 6ヵ月レンジ

   個別銘柄ニュース・分析

 
大証の取引時間
NYダウ工業株30種平均株価(Dow Jones Industrial Average)は、アメリカを代表する世界的企業の株価を平均した指数で、日本ではCMEグローベックスのダウ先物リアルタイムやNASDAQ100先物のリアルタイムチャートが注目されています。 日経225平均株価(Nikkei 225)は、東京証券取引所第1部に上場している銘柄の中でも、 特に売買代金が多く、日本株ADRを発行しているような時価総額が大きい225銘柄を選定して算出されます。 TOPIX(東証株価指数)は、東証一部に上場している全ての国内株式銘柄で構成されています。 浮動株(市場に出回っている株式)のみが指数の評価対象となります。

NT倍率とは、日経平均株価をTOPIXで割った数値のことをいいます。 日経平均は輸出関連株(自動車株、電機株など)など値がさ株の影響が大きいという特徴があります。 TOPIXは内需関連株(銀行株、薬品株)による影響が大きく、指数寄与度の高い銘柄に株価が左右されやすいという特徴は日経平均225と同じです。 NT倍率の変化を見れば、市場の投資資金がどのセクターに向かっているのかが判断できます。 例えば、グローベックスのダウ平均先物の値上がりを背景に輸出関連株が軒並み上昇したり、内需関連株が軒並み下落すると、NT倍率が上昇することになります。 CMENY.comでは、リアルタイム為替チャート、世界株価指数(中国株・欧州株式市場)などの投資情報や個別銘柄ニュースが見られます。 株価に影響を与える相場は、為替(ドル対円)相場、WTI原油先物価格やシカゴ先物・CMEのグローベックスなどたくさんあります。 特に、シカゴのCME日経平均株価先物とNYダウのリアルタイムチャートは注目です。

NYダウ先物の過去の株価推移を素早く確認するために、パラボリックを加えたリアルタイムチャートが見やすく改良されています。 市場の開始時間は、サマータイムでは22時30分からで、通常は23時30分からと日本時間の深夜がスタート時間となっています。 ヨーロッパ市場や中国株の動きによっては10日間以上ずっと連続で上昇したりします。 しかしNYダウ工業株30種平均(DJIA)やCMEの株価がいったん大きく下落し始めると、急落したまま上がらずに様子見となることもあります。
シカゴのCMEと大証の日経平均先物(Nikkei225)の出来高をグラフにするとトレンドが分析できますので、トレードもしやすくなります。 GLOBEXのニューヨークDOWとナスダックをリアルタイムに見ていると、NYダウ工業株30種平均のチャートと比較して速報の影響度を研究することができます。 世界の株価指数は、ドル円相場など影響力の大きい市場に左右されます。 CME日経平均先物のテクニカル指標と、NYダウ先物のリアルタイムチャートの解析により、ランダム性が強い市場の値動きが予測可能となります。
   
探している株価チャートが無い場合は、サイトを検索してみてください。 いろいろな視点から分析できますが、時系列での動きを重視している方が多いようです。 特にRSIとMACDの人気が高く、初心者からディーラーまで広く利用されています。 リアルタイムの株チャートを使ってダウ工業株平均のテクニカル分析を行うときにも、トレンド系指標が使われています。

eWarrantは株式指数や個別銘柄の株価、為替市場、金や銀といった商品先物(コモディティー)を原資産としてコール型とプット型の2種類がある。 国内の相場のボラティリティーが低下している局面では、中国株やコモディティーのeWarrantに注目するのも一考です。